Skip to content

離婚は弁護士に依頼

離婚は結婚するときよりも体力を使うと言いますが、それでも離婚をする人は多いものです。離婚の原因は様々でしょうが、すんなりと離婚できることが双方にとって好ましいでしょう。しかし多くの場合、様々な要因が絡み合って、離婚がうまく運ばないことになってしまいます。離婚の流れとしては、まず双方、または双方の代理人、つまり弁護士を立てて話し合い成立する協議離婚があります。それでも離婚が成立しない場合は、裁判所へ調停の申し立てを行う調停離婚となり、最悪のケースとして裁判ということになります。

離婚につきもののトラブルですが、多いものとしてはやはり慰謝料などの金銭面でのものです。相手側に明らかな離婚へ繋がる原因がある場合は、慰謝料が発生します。また財産分与や結婚費用の問題もあります。次に、親権や養育費など子どもの問題です。これはまずは子どものことを第一に考えたものでなくてはなりませんが、夫婦の感情とお金が絡んでくると、なかなか前には進まない状況になってしまいます。

このように、離婚は双方の話し合いだけでは成立しないことが多く、その場合は弁護士に依頼するのが最も賢明な方法となります。離婚を決めた夫婦は、顔を合わすことすら敬遠しますので、間に代理人を立てることこそ、スムーズに物事が運ぶ一案と言えます。協議離婚、調停離婚、裁判離婚、どの段階においても弁護士の果たす役割は大きいのです。このサイトは離婚のトラブルと弁護士について説明します。