Skip to content

離婚への流れ

世の中は、結婚しない人が増えていますが、その一方で離婚も増えているのです。そして、その離婚も円満に解決せずトラブルが後々まで続いてしまうケースも多くなっています。こうした離婚トラブルは、当人同士では収拾できるものではありません。トラブルを未然に防ぐためにも、離婚は弁護士に相談するのがいいのです。

離婚する際、まず確認すべきことは、相手にその意思があるのかどうかということです。法的には、互いにその意思があることが前提となります。もし双方に意思のすれ違いがあれば、トラブルへと繋がっていく恐れがあります。離婚の流れとして、互いが話し合って決める協議離婚があります。それでも互いの主張が食い違う場合は、調停離婚へと進みます。離婚調停を申し立て、調停委員に最終的な決断を下してもらうのです。それでもまだ決着しない場合は裁判となります。これは体力的にも精神的にもかなりの負担を伴うものです。できれば協議離婚の段階で終わるのが理想ですが、それ以上の段階になるとやはり弁護士の力が必要となってきます。

離婚の話し合いが進まない場合は、やはり第三者を介して問題を進めていかなくてはなりません。弁護士に相談することで、精神的にも物理的にも負担が少なくなるのです