Skip to content

トラブルの種類

離婚の際にトラブルとなる要因としては、まずお金の問題があります。これがもっとも厄介なことで、トラブルに繋がりやすいものとなります。具体的には、離婚の原因に対しての慰謝料がまず挙げられます。代表的なものとしては不倫慰謝料でしょう。そして、財産分与です。これもトラブルになりやすい要因とされます。他にも、婚姻費用や年金分割の問題もあります。

離婚に際して、子どもの問題は夫婦間での話し合いでは決着しない場合があります。養育費の問題、親権、離婚後に会えるかどうかなど、子どものことを第一に考えなければいけません。そのためにも、弁護士に相談して双方にとって、そして子どもにとって最もよい対策を講ずることが重要なのです。

最近は不倫での離婚、そして熟年離婚が増えています。また国際結婚も当たり前となっていますから、国際離婚も同時に増えているのです。こうしたケースはまず双方の話し合いでは問題は解決しません。法に沿った、説得力のある解決策が求められるからです。このように、離婚に際してのトラブルは様々です。感情と金銭が複雑に絡み合ってきますから、弁護士を立てて、解決に当たるのが賢明な手段と言えます。離婚にはトラブルがつきものです。必ず弁護士に相談してください。