Skip to content

カテゴリー: 未分類

弁護士の働き

離婚に際してのトラブルは弁護士に依頼することで、解決していきます。では具体的に弁護士はどのようなことをしてくれるのでしょうか。まずは、双方の窓口としての役割となります。夫婦同士、話し合って離婚となることもありますが、離婚を考えている夫婦は、もはや顔を合わせることさえ嫌がりますし、冷静な話し合いができるとも思えません。そういったときに、弁護士に対応してもらうことで、離婚が速やかに進んでいくことになるのです。

次に、話し合いでも離婚に至らなかった場合、調停へと進むことになります。調停は裁判所での扱いとなりますから、書類の作成や手続きにも弁護士の力が必要なのです。調停は毎月裁判所へ通うことになります。これを怠ると、最終的に裁判になったときに非常に不利になってきます。こういった調停に関する処理を弁護士に依頼することで、裁判になった場合、有利な立場に立てるわけです。

弁護士への国際離婚・離婚相談なら小原法律特許事務所…LINK

協議離婚、そして調停でも離婚が成立しない場合は、離婚訴訟となっていきます。それまでは話し合いでなんとか決着を試みることになりますが、感情や金銭、子どもの問題が絡み合ってくると、話し合いではどうにもならない状態になりがちです。その場合、裁判所に判断を委ねることになります。このように離婚と弁護士は切っても切れない関係なのです。

トラブルの種類

離婚の際にトラブルとなる要因としては、まずお金の問題があります。これがもっとも厄介なことで、トラブルに繋がりやすいものとなります。具体的には、離婚の原因に対しての慰謝料がまず挙げられます。代表的なものとしては不倫慰謝料でしょう。そして、財産分与です。これもトラブルになりやすい要因とされます。他にも、婚姻費用や年金分割の問題もあります。

離婚に際して、子どもの問題は夫婦間での話し合いでは決着しない場合があります。養育費の問題、親権、離婚後に会えるかどうかなど、子どものことを第一に考えなければいけません。そのためにも、弁護士に相談して双方にとって、そして子どもにとって最もよい対策を講ずることが重要なのです。

最近は不倫での離婚、そして熟年離婚が増えています。また国際結婚も当たり前となっていますから、国際離婚も同時に増えているのです。こうしたケースはまず双方の話し合いでは問題は解決しません。法に沿った、説得力のある解決策が求められるからです。このように、離婚に際してのトラブルは様々です。感情と金銭が複雑に絡み合ってきますから、弁護士を立てて、解決に当たるのが賢明な手段と言えます。離婚にはトラブルがつきものです。必ず弁護士に相談してください。

離婚への流れ

世の中は、結婚しない人が増えていますが、その一方で離婚も増えているのです。そして、その離婚も円満に解決せずトラブルが後々まで続いてしまうケースも多くなっています。こうした離婚トラブルは、当人同士では収拾できるものではありません。トラブルを未然に防ぐためにも、離婚は弁護士に相談するのがいいのです。

離婚する際、まず確認すべきことは、相手にその意思があるのかどうかということです。法的には、互いにその意思があることが前提となります。もし双方に意思のすれ違いがあれば、トラブルへと繋がっていく恐れがあります。離婚の流れとして、互いが話し合って決める協議離婚があります。それでも互いの主張が食い違う場合は、調停離婚へと進みます。離婚調停を申し立て、調停委員に最終的な決断を下してもらうのです。それでもまだ決着しない場合は裁判となります。これは体力的にも精神的にもかなりの負担を伴うものです。できれば協議離婚の段階で終わるのが理想ですが、それ以上の段階になるとやはり弁護士の力が必要となってきます。

離婚の話し合いが進まない場合は、やはり第三者を介して問題を進めていかなくてはなりません。弁護士に相談することで、精神的にも物理的にも負担が少なくなるのです

離婚は弁護士に依頼

離婚は結婚するときよりも体力を使うと言いますが、それでも離婚をする人は多いものです。離婚の原因は様々でしょうが、すんなりと離婚できることが双方にとって好ましいでしょう。しかし多くの場合、様々な要因が絡み合って、離婚がうまく運ばないことになってしまいます。離婚の流れとしては、まず双方、または双方の代理人、つまり弁護士を立てて話し合い成立する協議離婚があります。それでも離婚が成立しない場合は、裁判所へ調停の申し立てを行う調停離婚となり、最悪のケースとして裁判ということになります。

離婚につきもののトラブルですが、多いものとしてはやはり慰謝料などの金銭面でのものです。相手側に明らかな離婚へ繋がる原因がある場合は、慰謝料が発生します。また財産分与や結婚費用の問題もあります。次に、親権や養育費など子どもの問題です。これはまずは子どものことを第一に考えたものでなくてはなりませんが、夫婦の感情とお金が絡んでくると、なかなか前には進まない状況になってしまいます。

このように、離婚は双方の話し合いだけでは成立しないことが多く、その場合は弁護士に依頼するのが最も賢明な方法となります。離婚を決めた夫婦は、顔を合わすことすら敬遠しますので、間に代理人を立てることこそ、スムーズに物事が運ぶ一案と言えます。協議離婚、調停離婚、裁判離婚、どの段階においても弁護士の果たす役割は大きいのです。このサイトは離婚のトラブルと弁護士について説明します。