Skip to content

弁護士の働き

離婚に際してのトラブルは弁護士に依頼することで、解決していきます。では具体的に弁護士はどのようなことをしてくれるのでしょうか。まずは、双方の窓口としての役割となります。夫婦同士、話し合って離婚となることもありますが、離婚を考えている夫婦は、もはや顔を合わせることさえ嫌がりますし、冷静な話し合いができるとも思えません。そういったときに、弁護士に対応してもらうことで、離婚が速やかに進んでいくことになるのです。

次に、話し合いでも離婚に至らなかった場合、調停へと進むことになります。調停は裁判所での扱いとなりますから、書類の作成や手続きにも弁護士の力が必要なのです。調停は毎月裁判所へ通うことになります。これを怠ると、最終的に裁判になったときに非常に不利になってきます。こういった調停に関する処理を弁護士に依頼することで、裁判になった場合、有利な立場に立てるわけです。

弁護士への国際離婚・離婚相談なら小原法律特許事務所…LINK

協議離婚、そして調停でも離婚が成立しない場合は、離婚訴訟となっていきます。それまでは話し合いでなんとか決着を試みることになりますが、感情や金銭、子どもの問題が絡み合ってくると、話し合いではどうにもならない状態になりがちです。その場合、裁判所に判断を委ねることになります。このように離婚と弁護士は切っても切れない関係なのです。